うえぽんSW局

古いタイプの日記ブログです。気まぐれに更新してます。

久しぶりにAviUtlのプラグインフィルタを作ったので公開します。
 「自動24fpsの2-3プルダウン解除を補助」という名前です。

 いつものところに置いてあります。
 AviUtl プラグイン フィルタ by うえぽん

 名前の通りAviUtl標準フィルタの自動24fpsを補助するフィルタなので、自動24fpsと一緒に使ってください。
 使用の際には自動24fps側の「横縞部分を二重化」のチェックを外しておく必要があります。
設定注意

 こういうノイズが…
サンプル_ビフォー

 こうなります。
サンプル_アフター


 当フィルタがやっていることを簡単に解説するとこんな感じです。
解説画像

 以下、説明が面倒なので簡単に箇条書き。
 ・SSE2やAVXやAVX2への対応はコンパイラの自動ベクトル化に任せた。組み込み関数を使っても3種類のSIMDのコードを書くのは大変。コンパイラが吐くアセンブラコードを見ながらC言語で書いた。コンパイラはgcc 8.1.0を使用。

 ・片フィールド補間ではなくノイズ除去をやっている。ノイズ除去には縦三点のメディアンフィルタを用いている。しかしメディアンフィルタだけだと削りすぎてしまうことがあるので簡易3DNRで削り過ぎを抑制している。前後が類似のフレームでないと簡易3DNRは効かない。

 ・正確なシーンチェンジ検出はしていない。平均輝度や偏差が大きく変化した時に処理するようにしている。シーンチェンジ以外でもノイズが乗っていることがあるためこれでも構わない。

 ・自動24fpsが解除漏れすることがある。その場合は当フィルタ側でも縞判定して縞解除している。縞判定方法は縦3点メディアンフィルタを通して大きく変化したら縞があると判定する強引なもの。

 ・どうやら自動フィールドシフト(高速化版)にも同じようにノイズを除去する設定があるらしい(解除レベル4?)。その場合は片フィールド補間になるようだが見た目の違いはよく分からない。自動フィールドシフト(高速化版)では消えないノイズもこのプラグインなら除去できることがある。が、逆の場合もある。詳しくは検証してない。

 ・速度は自動フィールドシフト(高速化版)の方が速い。

 ・おそらく自動24fpsの代わりに自動フィールドシフト(高速化版)を使うこともできる。その時は解除レベル0にすれば良いらしい。

 ・このプラグインでインターレース解除も同時にやればもっと速度が上がると思うが、インターレース解除のやり方がよく分からないので自動24fpsに丸投げすることにした。

 ・効果を確かめるなら画質の悪いTOKYO MXが一番わかりやすい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 花粉の飛散が初観測されてから大分経ちますが、4コマ漫画です。

【4コマ漫画】換気

■インフルエンザの患者は減少
 新型コロナウイルスが騒動になっていますが、その一方で今年のインフルエンザの患者数は去年、一昨年と比べて減少しているそうな。
 下の画像は厚生労働省の報道発表資料から抜粋したもの。
 このグラフでは分かりませんが、3~4年前の資料と比べてもピーク時の患者数は大幅に減っています。
 減少した原因は断定できませんが、もしかしたら新型コロナウイルスが騒がれることで、手洗いやうがい、換気などウイルス予防を徹底する人が増えたのが原因かもしれないです。

インフルエンザ推移
このエントリーをはてなブックマークに追加

 気が付いたらバレンタインが終わってましたが、バレンタインネタの4コマ漫画です。

【4コマ漫画】火星のバレンタイン

 地球から火星までは光の速度でも3分~6分半はかかる距離にある。
 電波も光と同じ速度ので進むので、電波を使って火星と地球で通信をしようとすると3分~6分半の遅延が発生することになる。
 なのでこの4コマ漫画のように通信するのは無理だったりします。

 ところで、ベテルギウスの明るさがなかなか戻りませんが、やっぱり超新星爆発するのでしょうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日2002年2月2日は8桁の数字で表すと20200202で上から見ても下から見ても同じになる回文になっていたりする。

 それならばと他にも同様の回文になる日付はないかと調べてみた。

 まず未来方向へは、
 20211202
 20300302
 20400402
 20500502
 20600602
 20700702
 20800802
 20900902
 21011012
 21100112
 21111112
 :
 :
 となっている。
 次回は来年の2021年12月2日で、その次以降は約10年ごとに出現する。

 今度は過去の方向へ調べてみると、
 20111102
 20100102
 20011002
 13800831
 13700731
 13500531
 :
 :
 となっている。
 前回は2011年11月2日は良いとして、2001年以前は1380年まで遡らないと存在しない。
 なんと日付の回文は21世紀になって7世紀ぶりに復活したことになる!
 地味にすごい。


■メッセージへの返事
 ついでになりますが、ブログ横の投稿フォーム(PC版の表示だと存在する)から送られて来たメッセージへの返事です。
 ブログ横にあるホームページのリンクが間違っていたのを修正しました。
 ご指摘ありがとうございます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 今期の大河ドラマの「麒麟がくる」、画面が明るいだとか、彩度が高すぎるなどと言われていたので、AviUtlでヒストグラムを見てみた。

麒麟がくる_白飛び

 一番上の段が輝度で、右側の薄い線をはみ出してる。やっぱり白飛びしていた。
 左側の薄い線は黒色だが、こちら側は収まているので黒潰れはしていない。

 二段目と三段目は色差で、分布が広い気もする。これだと彩度が高く感じられるかもしれない。

 どうやら4K放送では明るさや彩度は気にならないそうなので、たぶん4Kの色空間から2Kの色空間へ変換するのに失敗してるのではないかなと思ったりする。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ