うえぽんSW局

古いタイプの日記ブログです。気まぐれに更新してます。

 中国から仕入れたファミコン互換機を販売していた男が逮捕されたそうな。

 「パチモンTV」経営の男、海賊版ファミコン販売容疑で逮捕 「中国から仕入れた」京都府警 - 産経WEST

 ファミコン互換機はAmazon.co.jpでもよく見かける商品だが、あの互換機は違法だったのか? と思ったら、どうやら互換機ではなく内蔵ソフトの方が著作権違反ということでの逮捕らしい。互換機は特許が切れているため問題はないようだ。

 余談
 もうすぐ任天堂公式の「ファミコンミニ」が発売されるが、なぜ任天堂はあれにファミコンのカセットを挿せるようにしなかったのかなぁと残念に思ってる。互換機ではなく任天堂純正が良いのに。

 いくつかのニュースサイトで取り上げられていますが、ブラジルでまたメガドライブの新型が発売されるそうな(やじうまPC Watchインサイド)。
 ブラジルでセガ公式ライセンスを受けて製造販売しているTectoyが、サイト上で予約開始しているとのこと(Tectoyの該当ページ)。
 発売は来年2017年6月を予定されていて、日本での販売は今回もなさそうです。

 内蔵ゲームが何十本も入っているのはこの手のハードではもう当たり前だが、今回の新型にはSDカードスロットという昔はなかったものが取り付けられているのが気になるところ。おそらくバックアップRAMカートリッジ的なものではないと思うのだが……。
 バックアップRAMカートリッジ

 余談。
 今年行われたブラジル・リオ五輪の閉会式で日本の安倍総理がマリオの格好をした催し物をやったが、あの映像の中にセガのソニックがいなかったのが残念。セガは五輪の公式スポンサーを何年も続けていたり、ブラジルではメガドライブが今でも現役だというのに。

PS4VRCM

 画像は現在テレビでやっているプレイステーション4のCMのワンシーン。このシーンがどうも気になってしょうがない。

 まず左から火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星と並んでいるようだが、これはあきらかに大きさがおかしい。木星と土星はもっと大きいはず。これは気になります。

 次に気になるのは冥王星が今ではもう惑星ではないということ。そこにかつてのライバルメーカーのゲームタイトルを持ってきていたりするのは、ちょっと気になります。

 そして一番気になるのは土星(サターン)にファイナルファンタジーを置いていること。
 かつてプレイステーションとセガサターンは熾烈なハード競争をしていましたが、その決着をつけたのがファイナルファンタジーVIIとも言われています。ファイナルファンタジーが来なかったことでセガサターンは敗北したともいえますが、その因縁とも思えるファイナルファンタジーを土星(サターン)に持ってきているのが気になってしょうがないのであります。

 余談。
 つい最近NASAが発表したところによると、木星の衛星エウロパで間欠泉が確認されたそうな。地球でいうところの温泉ですね。

 ロシアがシベリア鉄道を北海道までつなぐ大陸横断鉄道の建設を要望しているそうな。

 シベリア鉄道の北海道延伸を要望 ロシアが大陸横断鉄道構想 経済協力を日本に求める - 産経ニュース

 このニュースを聞いてこのジョークを思い出した。
日ロ経済協力についての話し合いの席で、ロシアの主張。
「今回の○○河に架かる鉄道建設プロジェクトでも対等互恵の原則を貫いていきましょう。日本側にはあの河に架かる鉄橋を提供して欲しいのです。ロシア側は河を提供します」

【引用元:『必笑小咄のテクニック』(著・米原万里)】

 引用元の書籍には『ほとんど実話である』と書かれているが、元ネタとなるエピソードまでは不明です。
 しかしながら、今回のニュースをを見るに、物事は繰り返されるものなんだなと思わずにはいられません。

 良いニオイは「匂い」、悪いニオイは「臭い」と書くそうですが、このたびバキュームカーの臭いをチョコの匂いにする技術が開発されたそうな。

 バキュームカーの臭いをチョコの香りに 4社が共同開発:朝日新聞デジタル

 金木犀が香る季節になってきた時節柄にこのニュース。
 金木犀の愛好家は良い匂いだと感じるそうですが、自分はどうしてもトイレを連想してしまいます。
 そんな連想をしてしまう原因は、なんといってもトイレの芳香剤に金木犀の香りが良く使われていたせい。
 今回のニュースに関しては、金木犀を教訓にし、同じ過ちを繰り返さないで欲しいと思わずにはいられないです。

 余談。
 ラベンダーの香りを嗅いだらタイムリープできるようになるのは構わないです。

↑このページのトップヘ