うえぽんSW局

昔ながらの日記ブログです。

 ここ一ヶ月ブログを更新していませんでしたが実はパソコンが壊れてました。
 結局新しいパソコンを買うことになりましたが、さて、新マシンになったらまずすることといえば処理に時間の掛かりそうな計算プログラムの実行です。以前よりも速くなったことを確認します。
 そんなわけで素数を探すプログラムを組んでみたわけですが、以下のような3249桁の回文素数を発見しました(分かりやすく57桁ごとに改行してます)。

111111111111111111111111111111111111111111111111111111111
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000303000000000000000000000000001
100000000000000000000000000030000000000000000000000000001
100000000000000000000000000303000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
100000000000000000000000000000000000000000000000000000001
111111111111111111111111111111111111111111111111111111111


 表示ズレしている環境もあるかもしれないので画像にもしてみました(ついでに色も付けてます)。
 ただの回文素数ではなく、57x57の正方形にすると左右や上下にも対称という面白い形になっていることが分かります(残念ながらすべての行と列も素数とまではなっていません)。

prime57x57


 ただし、この素数の判定に用いたのはpythonの拡張モジュールgmpy2にあるis_prime関数(中身はGMPのmpz_probab_prime_p関数)のため、確率的素数ということになります。
 とはいえ乱数で8192回のテストにパスしているのでほぼ間違いなく素数だと思いますが……。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年の3月にJPEGエンコーダguetzliのver1.0が発表された。
 Googleの名前があることでかなり注目されている。
 そのguetzliがどのような画像処理をしているのか調べるため、何度もエンコードするとどうなるかのか実験をやってみた。

●実験の狙いと目的
 広く一般的に使われているJPEGエンコードのライブラリlibjpegにはスムージングのオプションが存在する。これはスムージング(ぼかしのようなもの)をしてからJPEGに変換するというもので、スムージングによって画質は変化するものの、結果的には見た目の画質劣化を抑えつつファイルサイズが縮むというものだ。
 guetzliでもこれに類する処理を自動でやっているのではないかと推測。
 そこでguetzliでエンコードした画像を再びエンコードするということを何度も繰り返すことにより画質の変化が蓄積していき、結果的に画質の変化を可視化できないか? というのが実験の狙い。
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 メガドライブで1本、スーパーファミコンで2本、ROMカートリッジの新作が出る(出た)そうな。
 ただし、いずれもセガや任天堂の正式ライセンスを受けた商品ではないとのこと。
 (昔はメーカー非公認のゲームといえば『ジーコサッカー』の基板を改造して販売していたものです)
 
続きを読む

 福岡の3億8千万円強奪事件、メルカリの現金出品など最近現金に関する事件・ニュースが相次いでいましたが、それを見ていて頭に思い浮かんだ話を1ページ漫画にしてみました。

【1ページ漫画】現金ひったくり

 ところで中国では電子マネーが急速に普及しているそうです。
 普及した要因の一つとして、偽札が大量に流通していたため現金に対する不信感があったというのがあげられるようです。
 さて、上の1ページ漫画も現金ではなく電子マネーだったら偽札オチは使えなくなります。その場合どのようなオチにすれば良いか考えてみましたが、何も思いつきませんでした……。

 五月の大型連休(ゴールデンウィーク)いかがお過ごしでしょうか。
 大型連休に多少ちなんだ4コマ漫画です。

【4コマ漫画】五月病


 「漂流教室」(楳図かずお)を読んでいてこんな下らない4コマ漫画を思いついてしまいました。


↑このページのトップヘ