うえぽんSW局

昔ながらの日記ブログです。

 アガサ・クリスティーの『そして誰もいなくなった』を読了。
 有名な作品ですが今まで未読でした。アガサ・クリスティーの他の作品も読んだことがないので、自分にとっては初めてのアガサ・クリスティーです。
 これでネタバレを恐れずに生きていけます。

 ちなみに、自分が読み終わったのとタイミングを良くして、テレビドラマ版の放送も発表されました。
 今春、テレビ朝日で2夜連続スペシャルで放送される予定とのこと。
 脚本は『弟切草』や『街』の長坂秀佳だそうです。
 そして誰もいなくなった:アガサ・クリスティの名作が国内初の映像化 仲間由紀恵、向井理ら豪華キャストで - MANTANWEB(まんたんウェブ)


そして誰もいなくなった (クリスティー文庫)
アガサ・クリスティー
早川書房
2012-08-01



 以下、内容に触れた感想なので文字色は薄め。

●「そして誰もいなくなった」は童謡の歌詞
 読む前は「そして誰もいなくなった」というタイトルはネタバレではないのか? と疑問に思っていた。
 しかし、読んでみるとタイトルは劇中で登場する童謡の歌詞から取られていることが分かった。
 いわゆる見立て殺人というもので、童謡になぞらえて殺人事件が行われる。
 つまり、その童謡の通りに「そして誰もいなくなる」のか? というのが注目の一つであり、そこを明かしてしまうといよいよネタバレになってしまう。

●容疑者全員の心の声まで描写されている
 驚いたことに全員の心の中まで描写されている。
 全員ということは犯人の心の声までも書かれていることになる。それなのに誰が犯人なのか簡単には分からない。これもいわゆる叙述トリックに含まれるのだろう。
 ある章の最後にいたっては誰の心の声か伏せつつ全員の心の中だけを描写することをやっている。その中の一つは犯人のはずなので、そこをじっくり読んだのは自分だけではないはず。
「そして誰もいなくなった」心の声

●自分の犯人予想は的中
 次のように推理して犯人を当てることができた。
 犯人の犯行声明はレコードによって行われた。レコードの内容は全員の過去の罪を断罪すると宣言するもの。そこに挙げられた罪は世間に発覚していないものや法律によって裁けないものばかりである。
 さて、犯人はなぜこれらの罪を知ることができたのだろうか? と疑問に思った。それを知ることができる立場の人物が犯人ではないかと予想。そういうことができる職業に就いているあの人物が一番怪しい、と推理した。
 この推理は見事に的中した。まぁ、最後の方でひと波乱あり、そのときは犯人は別人ではないかと少し思ったりもしたわけですが。

 以前、三大奇書の一つ『黒死館殺人事件』(小栗虫太郎)を読みましたが、今度は同じく三大奇書の一つである『ドグラ・マグラ』(夢野久作)を読み終わりました。
 これも青空文庫で読めます。

 青空文庫:図書カード:ドグラ・マグラ

ドグラ・マグラ
夢野 久作
2012-10-01





 実は読む前は卑猥でグロい小説だと勘違いしていました。
 おそらく角川文庫版の表紙絵が女性だか男性の局部を「角川文庫」と書かれた黒塗りで隠していたために卑猥なものだと勘違いしてしまったのかもしれません。
 エロでもグロでもホラーでもないです。

 三大奇書ということでミステリ(推理小説)でありながらミステリらしからぬ作品です。
 おそらく今ならSFに該当すると思います。
 作品が発表されたのが戦前の昭和10年(1935年)のため、当時はまだSFが一般的ではなかったのでしょうか。

 昭和10年発表ということですが、今でも十分通用する内容です。
 推敲に10年は要しているらしいので、昭和どころから大正に初稿が書かれたことになります。
 大正時代でこれはオーパーツ的な小説だと思います。
 現代ならDNAとかミトコンドリアで説明してしまうところを、それ以外のもの(胎児の夢)で説明しているのが逆に新しく感じました。

 これから読む人にアドバイスすると、チャカポコで躓いたという人を多く見かけますが、チャカポコは「結構毛だらけ猫灰だらけ」のリズムと読むとスラスラ読めます。映画『男はつらいよ』の寅さんが物を売るときの口上のようなことをやっているわけです。



 以下、内容に触れた感想。

●正木教授と若林教授が同時に出現していない
 自分の見逃しがないなら主人公“私”の目の前にこの2人の教授は同時に出現していません。同時出現は手記などの伝聞形式のときだけです。
 これはもしや2人の教授は同一人物というトリックでは? と一瞬疑いました。
 しかしこれは簡単に否定できました。2人の背格好(身長と体付き)が、片方は小柄でもう片方が大男と全く違うからです。人相だけなら変装して一人二役を演じられますが、背格好までとなるとそう簡単には変えられません。ゆえに人が同一人物という説は否定されます。
 それにしてもこの2人は、イニシャルがそれぞれ(M)と(W)だったりと、色々と対照的になっているようです。

●結局“私”は誰なのか
 答えが書いてないので複数の解釈をすることができます。
 自分の解釈は、“私”は呉一郎で、その呉一郎が妄想の中でさらに妄想を見ていたという二重構造の物語だったというありふれたものです。そう解釈するのが普通ではないでしょうか。。
 しかし、どこのサイトか忘れましたが、ネット上の考察の中に「“私”はモヨ子の胎児で、その胎児が見ていた夢である」という説がありました。言われてみるとたしかにその説でも通じます。その解釈は面白いです。


 他にも読んでる最中に思ったことはあるはずですが、うまくまとめられないのでこれだけです。いつか再読したときにまた感想を書くかもしれません。

 だいぶ前のことになりますが、タイトルに惹かれたので読んでみました。
 青空文庫で無料で公開されていますが、自分が読んだのはkindle版です(kindleも青空文庫からのものですが)。

 青空文庫:図書カード:地球の円い話


地球の円い話
中谷 宇吉郎
2013-10-21



 内容は有効数字について分かりやすく書かれたエッセイです。
 冒頭部分に書かれているのが小咄としても面白かったので1ページ漫画にしてみました。

【1ページ漫画】地球円い

 エッセイではここから有効数字は3桁もあればかなりの精度になることが説明されていきます。
 中谷宇吉郎は世界で初めて人工雪の製作に成功した人だそうです。『知ってるつもり』というテレビ番組が昔ありましたが、それで紹介されていたのを自分はおぼろげに憶えていました。
 このエッセイが面白かったので青空文庫で公開されている分はすべて読んでしまいました。数は多いですが、短いエッセイなのですぐに読破できます。

 青空文庫のほとんどは昔の文豪の小説がばかりですが、こういう科学エッセイも良いものです。


 余談。
 頭の部分だけ地球にして擬人化する方法は『まんがサイエンス』の真似です。

まんがサイエンス 1
あさり よしとお
学研プラス
2012-09-05

 今回も関東地方だけだと思うが、2017年1月17日(火)の26時10分から地上波で放送するらしい。いつもなら深夜映画を放送している時間帯。内容の方はフジテレビの番組紹介ページに書かれている。

 ゲームセンターCX - フジテレビ

 挑戦するソフトはPCエンジンの「THE 功夫」。これは2016年2月11日にCSで放送したものらしい。
 地上波放送するのは何かの告知があるからだろうけど、また何か出るのだろうか。



 PS1SSタイトル

 1987年12月10日の発売なので、今年で30周年だそうです。
 これを機会に12月10日までには再プレイしてみたいなと思っています。

 ちなみに「ファイナルファンタジー」や「ロックマン」、「イース」、「ソーサリアン」なども30周年らしいです。
 あと国鉄からJRになったのも1987年なのでこれも30周年になるはず。



 余談。
 節目の年の素数率が高いようです。
 1987 ← 素数
 1997 ← 素数
 2007 ← 素数じゃない (3^2 * 223)
 2017 ← 素数
 2027 ← 素数

↑このページのトップヘ