うえぽんSW局

昔ながらの日記ブログです。

2017年11月

 1ページ漫画です。

【1ページ漫画】珍しい博物館

 発想の元になったのは『必笑小咄のテクニック』(米原万里)という書籍に書かれていた以下の小咄です。
 当博物館は世界的にも大変貴重な、希有ともいえる歴史的遺構や遺物の宝庫である。なかでも最も珍しいものは、訪問者である。

 元は笑い話なのにホラーになってしまいましたが、笑い話というのは視点を変えるとホラーになるのではないかと思ってます。他人から見ると笑い話でも、本人にしてみたら笑い事でないことはよくあるものです。


 4コマ漫画です。

【4コマ漫画】夢オチ

 夢オチに対する読者の反感や嫌悪の強さは物語の長さに比例すると思う。長期間読んでいた物語の最後が夢オチというのはがっかりさせられる。
 それなら逆に短い物語(例えば4コマ漫画)なら夢オチはありではないかと思いつき、上の4コマ漫画になった次第です。

↑このページのトップヘ