うえぽんSW局

古いタイプの日記ブログです。気まぐれに更新してます。

カテゴリ: ゲーム

 「Streets of Rage」(日本名:ベア・ナックル)の新作が出るそうな。
 セガが正式にライセンスする形で、DotEmuというところが販売するとのこと。

 公式サイト
 Streets of Rage 4

 日本語のニュースソース
 セガ公認の『ベア・ナックル』新作、『Streets of Rage 4』が発表。危険な街にアクセルとブレイズが再び降り立つ - ファミ通.com 


 「ファイナルファイト」の対抗で登場した作品ですが、今さらよく考えてみると1作目は「ゴールデンアックス」のシステムを流用したアクションゲームでした。エレベーター面で敵を投げ飛ばして地面に突き落すさまは特に「ゴールデンアックス」。
 2作目は「ファイナルファイト」に近づいているそうですが、メガドラユーザーとしては恥ずかしながら実は2作目をプレイしたことがありません。たしか2と同時期に本家本元の「ファイナルファイト」がメガCDで出たのでそっちの方を買った記憶があります。

 ちなみに最近知ったトリビアですが、キャラクターのボイスは女性キャラも含めて全部、古代祐三氏があてたものだそうです。

 HDリマスターや新作を出すそうな。

 ・『グランディア』および『グランディアII』のHDリマスターがNintendo Switch向けに海外発表。初代リマスターはPCにも | AUTOMATON
 steam版も出るそうだが今のところ海外版のみで日本向けは未定とのこと。いわゆる「おま国」というやつ。
 ところで個人的にずっと気になっていたことなのだが、初代グランディアのラスボスは最終形態が異常に弱かったりする。どうやらあれはシナリオ担当と現場との伝達ミスによるものだったらしい。シナリオには“最後に剣を一突きする”といった風なことが書かれていたが、ゲーム制作現場の人はラスボスの最終形態が一突きで倒せるものだと勘違いしたとかなんとか。今回のHDリメイクでその辺も修正するのか気になるところ。

 ・SEGA AGES ファンタシースター|SEGA AGES(セガエイジス)|セガアーカイブス|セガ
 Nintendo Switch向けに9月から配信だそうな。制作者の小玉理恵子(フェニックスりえ)さんが監修しているらしいので安心して良いと思う。
 オートマッピング機能や武器やマジックのリストなど親切なものが充実してる。
 「ファンタシースター 攻略」でググると自分の攻略ページが出てくるが、これなら攻略ページは必要ないかも?

 ・『シェンムー3』の海外向け発売日発表。2019年8月27日に注目のシリーズ3作目が発売へ | AUTOMATON
 以前クラウドファンディングしていたものがついに来年発売されるらしい。
 I&IIのリメイクの方はPS4向けに今秋発売とのこと。


 懐かしいゲームタイトルを目にする今日この頃です。
 そういえばメガドライブミニが発表されてから音沙汰がないが、おそらくちょうど30周年になる10月29日に発売するシナリオだと思う。

 セガでソニックやファンタシースターの制作に関わっていた中裕司氏がスクウェア・エニックスに入社したそうな。
 ソースはご本人のツイート



 セガの方はずいぶん前に退社して2006年にプロぺを起ち上げていたけど、そのプロぺの方はどうなるのだろう?

 『レンタヒーロー』が舞台化されるそうな。2018年の1月に公開予定とのこと。

 『レンタヒーロー』が2018年に舞台化! 個性派ヒーローの新たな活躍を見逃すな | インサイド

 アニメや漫画と色々なものがどんどんと舞台化されるなぁと思っていたが、ついに『レンタヒーロー』までもが舞台化ですか。
 そういえば去年だったかアメリカで映画化されるかもしれないというニュースがあったが、あれからどうなったのだろうか?



 ファミコンに続いてスーパーファミコンもミニが出るそうな(任天堂ニュースリリース)。

【4コマ漫画】ミニゲーム機

 メガドライブのミニ的な互換機はを毎年どこかしらの海外企業がライセンスを受けて発売している。
 今年も例にもれず発売されるらしい。
 メガドライブそっくりの互換機が発売に。実機カートリッジも使用可能、HDMI出力&セーブ機能を装備 - Engadget 日本版
 毎回必ずゴールデンアックスが収録されるのは暗黙のお約束。

↑このページのトップヘ