うえぽんSW局

昔ながらの日記ブログです。

タグ:1ページ漫画

 1ページ漫画です。

【1ページ漫画】珍しい博物館

 発想の元になったのは『必笑小咄のテクニック』(米原万里)という書籍に書かれていた以下の小咄です。
 当博物館は世界的にも大変貴重な、希有ともいえる歴史的遺構や遺物の宝庫である。なかでも最も珍しいものは、訪問者である。

 元は笑い話なのにホラーになってしまいましたが、笑い話というのは視点を変えるとホラーになるのではないかと思ってます。他人から見ると笑い話でも、本人にしてみたら笑い事でないことはよくあるものです。


 福岡の3億8千万円強奪事件、メルカリの現金出品など最近現金に関する事件・ニュースが相次いでいましたが、それを見ていて頭に思い浮かんだ話を1ページ漫画にしてみました。

【1ページ漫画】現金ひったくり

 ところで中国では電子マネーが急速に普及しているそうです。
 普及した要因の一つとして、偽札が大量に流通していたため現金に対する不信感があったというのがあげられるようです。
 さて、上の1ページ漫画も現金ではなく電子マネーだったら偽札オチは使えなくなります。その場合どのようなオチにすれば良いか考えてみましたが、何も思いつきませんでした……。

 だいぶ前のことになりますが、タイトルに惹かれたので読んでみました。
 青空文庫で無料で公開されていますが、自分が読んだのはkindle版です(kindleも青空文庫からのものですが)。

 青空文庫:図書カード:地球の円い話


地球の円い話
中谷 宇吉郎
2013-10-21



 内容は有効数字について分かりやすく書かれたエッセイです。
 冒頭部分に書かれているのが小咄としても面白かったので1ページ漫画にしてみました。

【1ページ漫画】地球円い

 エッセイではここから有効数字は3桁もあればかなりの精度になることが説明されていきます。
 中谷宇吉郎は世界で初めて人工雪の製作に成功した人だそうです。『知ってるつもり』というテレビ番組が昔ありましたが、それで紹介されていたのを自分はおぼろげに憶えていました。
 このエッセイが面白かったので青空文庫で公開されている分はすべて読んでしまいました。数は多いですが、短いエッセイなのですぐに読破できます。

 青空文庫のほとんどは昔の文豪の小説がばかりですが、こういう科学エッセイも良いものです。


 余談。
 頭の部分だけ地球にして擬人化する方法は『まんがサイエンス』の真似です。

まんがサイエンス 1
あさり よしとお
学研プラス
2012-09-05

 ネット上の偽ニュース(フェイク・ニュース)を信じた男がピザ店に押し入って銃を発砲する事件がアメリカで発生したそうな。なんでもネット上にはそのピザ店を名指しして「児童売春組織の拠点だ」とする偽ニュースが拡散していたとのこと。

 ニュースソース
 ネットデマ信じピザ店で発砲… 偽ニュースの危険性、米で懸念増大:AFPBB News

 さて、この事件から想像(妄想)したことを1ページ漫画にしてみました。

【1ページ漫画】フェイクニュース

 フェイク・ニュースを報じるニュースもフェイクだったなんてことはなかろうか。

↑このページのトップヘ