うえぽんSW局

古いタイプの日記ブログです。気まぐれに更新してます。

 新年あけましておめでとうございます。
 昨年はコミPo!の追加データを購入しましたが、全く使うこともなく新年になってしまいました。
 今年は追加データを使うことを目標にしたいと思います(今回の4コマ漫画では購入した追加データは使っておりません)。

【4コマ漫画】2021年


 牛といえばガンスターヒーローズの背景にいた牛を思い出します。
 牛ガンスターヒーローズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 大変珍しい連続素数日が訪れたので、さぼっていたブログを久々に更新です。

 日付をyyyymmdd形式の8桁の値とみなしたとき、その数が素数となるのを素数日と呼んでいますが、今日と明日は20201231と20210101となりそれぞれ素数となります。
 連続で素数日となるのは大変珍しいです。なにせddの部分は奇数と偶数(2の倍数)が続くことが多いからです。連続するためには31日と翌月1日のパターンとなります(あと、これは忘れやすいですが、うるう年で2月が29日あるときも連続素数日になる可能性があります)。
 さらにそれが年末年始の年またぎとなるともっと珍しくなります。

 そんな珍しい連続素数日ですが、何かあるわけでもなく「だから何?」と言われればそれまでです…。

 ちなみに次回の連続素数日は2028年の2月。
 今回同様の年末年始の連続素数日となると2029年の大みそかとなります(これは意外と早くに来る?)。

 連続する素数日については数年前のエントリーに書いているのでそちらを参照。
 20世紀と21世紀の素数日を再掲すると以下の通り。

 20世紀
 19130731, 19130801
 19210531, 19210601
 19240229, 19240301
 19250131, 19250201
 19301231, 19310101
 19500331, 19500401
 19721231, 19730101
 19781231, 19790101
 19790131, 19790201
 19830331, 19830401
 19871231, 19880101
 19900831, 19900901
 19971031, 19971101

 21世紀
 20020531, 20020601
 20170831, 20170901
 20180731, 20180801
 20201231, 20210101
 20280229, 20280301
 20291231, 20300101
 20361031, 20361101
 20640331, 20640401
 20680831, 20680901
 20750131, 20750201
 20800229, 20800301
 20800531, 20800601
 20811031, 20811101
 20930731, 20930801

 では、よいお年を。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ふと小改良を思いついたのでやってみた。
 断っておくと改良でなく改良なのであしからず。

 本題の前にまず通常のやり方を簡単に説明。
 まず1×1の正方形内にランダムに点を打つ。点の総数はN。
 下の図のような円の内側に入った点の数をカウントする。そのカウントをPとする。
 monte_pi_01
 正方形の面積は1、1/4円の面積はπ/4。
 点の数NとPの比率も面積の比率に近似するはずなので、そのことからπの近似値が以下のように求まる。
 π≒4P/N

 以上が通常のやり方だ。

 そして今回思いついた小改良は上図の円の部分を、下図のような扇形を二つ重ねた図形に置き換えるというものだ。
 monte_pi_img02
 この図形は小・中学校の算数や数学でよく見かけるやつで面積はπ/2-1となる。
 そしてπの近似計算は、
 π≒2(P/N+1)
 ということになる。

 さて、この小改良の結果はというと、
 3回中2回は通常のやり方よりも若干高い精度になった。
 しかし、残りの1回は通常のやり方の方が良い結果となってしまった。

 点の総数を増やせばもっと傾向が変わるのではないかと1万点、1億点と増やしていったが、不思議とその傾向は変わらなかった。
 3回中2回は良い結果、残り1回は悪い結果という具合だ。
 どうやら乱数を使ったアルゴリズムのゆえか、運の良い場合と、運の悪いランダムで訪れるらしい。

 こんなものを改良と言うのはおこがましいかもしれない。改良と言ったところだろう。

 ついでに下の図のようにしたらどうなるのかも検証してみたが、これは通常のやり方に対して完敗だった。
 monte_pi_img03

 ちなみに、Pythonを使って検証したが、10億点以上ともなるとかなりの計算時間となる(うちのしょぼPCでは1時間近くかかった)。
 10億点やっても円周率の精度は3.141までは一致するが、それ以降の桁はプログラム実行のたびに一致したりしなかったりと心許ない感じ。
 モンテカルロ法で高い精度の円周率を求めるのはあまりお勧めしない。その計算時間で他のやり方を試した方が良い。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 セガのアーケードゲーム筐体アストロシティのミニが2020年12月に発売だそうな。

 公式サイト
 アストロシティミニ | セガ

 液晶画面と操作パネルが付いてこれ単体で遊べるが、HDMIでテレビに出力しパッドを増設してプレイすることも可能とのこと。
 収録タイトルは全36というのは分かっているが、現段階ではまだ10タイトルしか明らかにしていない模様。おそらくメガドライブミニの時のように小出しにして発表するものだと思う。とりあえずこの手のハードではお約束の「ゴールデンアックス」は収録される見込み。

 公式サイトにある写真だと大きさはこれぐらい。思ったよりも大きい。
 アストロシティ_スクショ
 先行の類似商品では小さすぎて遊びにくいというのがあったそうだが、これぐらいの大きさならギリギリ遊べそうである。

 ところでどうでも良いことが気になった。
 お値段は税抜きで12800円と8の端数で大台(13000円)を割って割安感を出している。こういう価格設定はあちこちでよく見かける。
 しかしこれが税込み価格になると14080円と8の端数で大台(14000円)を超えてしまっている。
 せっかく8の端数で割安感を出していたのに、それが逆に8の端数で割高感な数字になってしまう。これには何とも言えない妙な感じがしてしまった。
 本当にどうでも良いことなのだが。



このエントリーをはてなブックマークに追加

 セガ60周年、ゲームギア発売30周年を記念してゲームギアミクロを発売するそうな。

 ゲームギアミクロ | セガ

 ・販売はネット通販のみ(Amazon、楽天ブックス、セガストアの3店舗)
 ・2020年10月6日発売。ゲームギアの発売が1990年10月6日なのでちょうど30周年
 ・全4色で各4本のソフトを収録。合計で16タイトルになる
 ・4色セットを購入すると特典としてビッグウィンドーミクロが付く
 ・画面サイズは1.15インチ(アスペクト比は10:9?)
 ・単四電池2本で動作
 ・それぞれお値段4980円(税抜き)
 とのこと。

 個人的に興味があるのはシャイニングフォース外伝3作が収録されているイエロー。
 しかしこの値段でそれぞれ4本しか収録されてないのは、うーん、という感じ。
 画面サイズも1.15インチと小さすぎるのもどうかなぁと思う(画面内に十円玉が収まらない大きさ)。
 昨今のセガなら作り直しもあるかもしれないのでしばらく成り行きを見守りたい。

 あと転売屋から買わないように注意。発表から数日経っているが、Amazonではまだ普通に予約できるらしい(『この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 』という表記を確認できるのでマケプレによる転売ではない)。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ