うえぽんSW局

古いタイプの日記ブログです。気まぐれに更新してます。

 過去のゲーム機のミニを出すのが流行っていますが、今度はタイトーが「イーグレットツー ミニ」を出すそうな。

 公式サイト
 EGRETⅡ mini | 株式会社タイトー

 ぱっと見た感じはセガの「アストロシティ ミニ」と同じぐらいの大きさ。
 収録タイトルは順次公開していくらしい。今のところ「スペースインベーダー」を始め「バブルボブル」や「ラスタンサーガ」、「カイザーナック」(ラスボスのジェネラルがやたらと強いことで有名な格闘ゲーム)などが判明してる。
 それと専用コントローラーが付属したバージョンの方には「アルカノイド」なども追加で収録されてるとのこと(「アルカノイド」はダイヤルみたいなので操作する)。

 とりあえず下の画像のように画面を90度回転できるのは高く評価したいです。

 「イーグレットツー ミニ」画面回転









このエントリーをはてなブックマークに追加

 「自動24fpsの2-3プルダウン解除を補助」をver0.2に更新しました。

 いつものところに置いてあります。
 AviUtl プラグイン フィルタ by うえぽん

 更新内容はこうなってます。
 ・テロップ(文字)の細い横線をコーミングノイズとして削ることがあったので、それを軽減させようと努力した。しかしまだまだ完璧ではない。
 ・画面右端にゴミが出るバグ修正。
 ・解除漏れの縞フレーム強制解除をon/offできるようにした(旧バージョンではデフォルトonにしていた)。
 ・内部的に色々と調整。

 テロップの細い横線というのはこういうのです。

 改善点_比較画像

 コーミングノイズとして削ってしまうことがあったのを、なんとか以前よりも改善させました。
 しかし、まだまだ完璧ではありません……。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回も旧ブログに書いていたネタのサルベージです。
 頭の体操などにありがちな天秤問題です。

【問題1(12個問題)】
 12個のオモリがある。そのうち1個だけ重さが違うそうだ。
 さて、天秤を3回だけ使って誤りの1個を特定するにはどうすれば良いだろうか?
 さらに、誤ったオモリは正しいものより重いのか軽いのかも当てよ


【問題2(13個問題)】
 今度は13個のオモリがある。これにも1個だけ重さが違うものが混じっている。
 今回も天秤を3回だけ使って誤りの1個を特定するにはどうすれば良いだろうか?
 ただし、今回は誤ったオモリが重いか軽いか当てなくとも良い。


 12個の場合は誤りの1個が重い軽いまで完全に求められますが、13個の場合は完全には無理なのでそこまでは求めません。
 オモリはコインとか金貨とか玉とかと色々のバリエーションがありますが、どれでも同じです。

 以下は、自分が見つけたやり方です。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 旧ブログに以前ちょこっと書いていたネタのサルベージです。

 『アシモフの雑学コレクション』(星新一編訳)にこんな雑学があります。

「37」という数は、それと1以外に約数を持たない。つまり素数。
しかし、次の数を割り切れる。
111、222、333、444、555、666、777、888、999。


 一瞬へーと思う雑学だが、実は大したことは言ってない。
 111を割り切れるということは、倍数である222、333、……も割り切れて当然だ。
 37という数字も素数である以外は特に意味のあるものではない。
 大したことでなくても書き方次第でへーと思わせるものなんだなと思ったりする。

 さて、この雑学はもう少し手を加えて改良できそうなのでやってみた。

「4649」という数は「ヨロシク」の語呂合わせができるだけではない。
1以外の約数を持たない数、つまり素数である。
そして次の数を割り切ることができる。
1111111、2222222、3333333、4444444、5555555、6666666、7777777、8888888、9999999。


 4649でヨロシクの語呂合わせをできるのは日本語ぐらいなので、日本限定の雑学かもしれません。
 ツイッターあたりを「4649 1111111」で検索してみると同様の雑学を披露している人が多いようです。

アシモフの雑学コレクション (新潮文庫)
アイザック アシモフ
新潮社
1986-07-29

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週Yahoo!のトップページで見かけたニュース。

 なぜ「中古ゲームソフトのニセモノ」が蔓延? その実態は(鴫原盛之) - 個人 - Yahoo!ニュース

 この記事によるとレトロゲームの中古ソフト、とりわけプレミアム価格が付いているソフトのニセモノが蔓延しているとのこと。そしてなにより偽装技術が上昇し、より精巧なものとなっているそうだ。
 パッケージ(箱)やソフト、説明書だけでなく、同梱物(おそらくアンケート葉書、チラシなど)も本物そっくりに作っているのには驚く。

 さらに上の記事のはてなブックマークに書かれたコメントによると、サントラでもプレミアムのニセモノが出ているそうな。

 こういうのがあるとネット通販で中古ソフトが買いにくくなります…。
 結局、発売日に定価で買うのが最安値で、そしてニセモノである危険性がもっとも低いなと思う今日この頃です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ