うえぽんSW局

古いタイプの日記ブログです。気まぐれに更新してます。

カテゴリ: 雑記

 レンタル掲示板のteacuptが終了するということで掲示板の移転先を考えていましたが、ロケットBBSへ移転することにしました。

 掲示板へのリンクはホームページの方にあります。

 以前書いた移転案ではこのブログのコメント欄を掲示板代わりにする案も上げていましたが、ここだとゲーム以外の話題で訪れた人の目についてしまうと思ったので、掲示板はそれ専門の掲示板にすることにしました。

 このブログ記事にはリンクは貼りません。掲示板の入り口を見つけられないと来られないという簡単な認証方式と思ってください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 CPUとマザボの箱

 マザーボードの換装をしたので備忘録。今までCPUのみの換装はしたことはあるが、マザーボードごと換装するのは今回初挑戦だったりする。

●Windows10ではOSのクリーンインストールは不要
 かつてはマザーボードの換装となるとOSをクリーンインストールして環境を再構築することになって面倒であり、これがマザーボード換装を敬遠する大きな要因となっていた。
 だがWindows10ではあらかじめMicrosoftアカウントと紐付けをしておけばクリーンインストールは不要である。
 intelからAMD、AMDからintelの載せ替えでもあっさりWindows10は立ち上がる。すごいことにWindows10の入ったSSDをintel Macに載せただけでもWindows10は立ち上がるとのこと。
 実に簡単ということで今回初めてマザーボード換装に挑戦することにした。

●LANドライバは事前に用意しておく
 これは自分がハマりそうになったこと。
 マザーボードとCPUを換装してOSを立ち上げたは良いが、LANドライバが入っていないためにインターネットに繋がらなかった。
 ネットに繋がりさえすれば各種ドライバが自動的にインストールされるのに、ネットに繋がらないことには始まらない。
 LANドライバは付属のDVDに収録されているのだが、DVDドライブが壊れているためにDVDを読むことができなかった(CDしか読まない状態になっていた。こういう故障を経験している人はたくさんいるはず)。
 この問題はタブレットPCでマザーボードメーカーのホームページへ行きそこからダウンロードすることで解決できた。
 タブレットやスマホではホームページが見にくくどこにドライバがあるのか見つけにくいこともあるため、事前にPCでダウンロードしておくと良いかもしれない。
 最近はDVDなどの光学ドライブを搭載していないPCもあるので注意が必要。

●CPU補助電源の4ピンと8ピン
 先にソフト的なことを書いたので順番が逆だが、物理的なことについて。
 手持ちの電源から出ているCPU補助電源のケーブルは4ピン。マザーボードにあるコネクタは8ピン。これはいったいどうすれば良いか?
 この場合は下の写真のように挿せば良い。ツメがある方を上にして右側の方に挿す。
 CPU補助電源_4pin_8pin
 最近はCPU消費電力が上がったことでピンの数も増えたそうだ。4ピンだけしかない電源では消費電力の高いCPUは心許ないので、そういう電源ではi3程度のCPUにとどめておくのが良いかも。



 その他色々思ったことがあるがうまくまとめられないので箇条書き。

 ・換装前のCPUはi5-7400で4コア4スレッド。第7世代(kabylake)なのでWindows11ではギリギリサポートされず。サポートされるのは第8世代以降。

 ・Windows11を今すぐ入れたいわけではないが、サポート外というのはなんか嫌である。

 ・kabylakeにはさらにメルトダウンやスペクターという脆弱性がある。対策パッチなどで脆弱性は緩和されているらしいが、その緩和策のせいでCPU性能は落ちている。

 ・当初はi7-7700Kの中古を考えていた。これならマザーボードまで交換する必要はない。しかし中古価格がなかなか下がらない。価格さえ安ければWindows11のことなど無視するつもりだった。

 ・マザーボードごと交換するのが意外と簡単だと知る。一番懸念していたのはOSのことだが、これは上に書いた通り。

 ・今のi3は昔のi7よりも高性能である。それでいてお値段はi7-7700Kの中古価格と同じぐらい(※マザボの値段は考えないものとする)。

 ・今のi3ことi3-12100は4コア8スレッドながらi7-8700K(6コア12スレッド)やi5-10400(6コア12スレッド)と同程度か少し低い程度のマルチスレッド性能を有しているらしい。シングルスレッド性能はあきらかに上である。

 ・AMDのryzenも考えてみたが、i3-12100に相当する低価格帯のラインナップがないので諦めた。

 ・年末には第13世代Coreが出るらしい。i3-12100よりも安くて良いものが出るかもしれないが、待っているといつまでも買えないので諦める。

 ・その他色々、お金がないので諦める。

 ・マザーボードはセールで9780円だったこれにした。
 マザーボード箱_PRO B660M-E DDR4
 低価格帯の品なのでどこかしら切り詰められた部分がある。たとえばM.2のスロットがPCIe3.0x4なのは人によっては気にするかもしれない。同じ第12世代のマザボだとPCIe4.0やPCIe5.0に対応しているものもある。
 あとM.2のヒートシンクが付属していないのも気になるかもしれない。

 ・DDR4メモリは今あるものを使い回しできる。i3-12100はDDR5にも対応しているが、DDR5を載せるにはDDR5用のマザボにする必要がある。

 ・購入したのは6月の初週。この時点で円安再加速の兆候が見えていた。当分は値下がりすることはないだろうと踏んで購入にいたる。翌週、想像以上に円安が進み衝撃を受ける…。6/3には130円になるかならないかだったのが6/9時点で134円。

 ・これといったベンチマークは取ってないが、とりあえずWindows10の起動が一瞬になり、動画のエンコ時間が半分になったのは確認した。

 ・以前より快適なのでヨシ。







このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近はググっても情報が出てこなくなってきたので備忘録として記しておきます。

 ビデオのVHSには録画時間が3倍になるモードがありましたが、その仕組みがどうなっていたか大雑把で簡単に説明すると次のようになっています。

 VHS3倍仕組み

 テープに記録しようとする信号は標準でも3倍モードでも同じです。
 3倍モードでは記録幅が1/3になるので3倍録画できます。
 しかし記録幅が細くなるとノイズの影響を受けやすくなり画質が劣化するというわけです。
 (他にもワウフラッターの影響など色々あるようですが説明を簡単にするため省略)

 VHSも後期になると5倍で録画できる機種も登場しましたが、たぶん大まかな仕組みは同じだと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 新年あけましておめでとうございます。
 以下の年賀画像は元日なって描きました。去年のうちに4コマ漫画のネタが思いつかなかったからです…。

【4コマ漫画】2022年

 寅年の西暦は必ず素数にならない。
 少し考えれば分かります。
 干支は12種類なので、偶数になった干支はずっと偶数となり2の倍数ということになります。
 例外として西暦2年が素数になりますが、この年は戌年です。
 よって寅年の西暦は必ず素数になりません。

 『アシモフの雑学コレクション』に載ってる数学の雑学も、一瞬スゴイと思うものの少し考えると大したことがないのが多いので、数学の雑学はこういうので良いのかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 去年のブログ記事『今日は20200202で回文』のアクセス数が微増していて何事かと思ったら、どうやら先週の2021年12月02日は8桁の数字で表すと20211202となっていて回文(前から見ても後ろから見ても同じになる)だったようです。
 ブログ記事に次はこの日だと書いていたのにすっかり忘れてました……。

 というわけで先週の2021年12月02日は20211202で回文です。

 ちなみにデジタル点対称だとのツイートを見かけましたが、実際に7セグメントでやってみると「1」の部分で点対称にならなかったりする。

20211202デジタル


 ここ最近と今後の回文になる日付はこのようになってます。
 20011002
 20100102
 20111102
 20200202
 20211202 ←今回
 20300302
 20400402
 20500502
 20600602
 20700702
 20800802
 20900902
 21011012
 21100112
 21111112
 :
 :
 前回から今回までは2年足らずでしたが、今後は10年周期となってレア度がアップします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近ブログを更新してないので小ネタでも。

 最近テレ玉で「めぞん一刻」のアニメ再放送をやっているので毎週見ている。そしたら下のキャプ画像のような缶ビールが出てきて少し驚いている。

めぞん一刻_缶ビール


 これは今年(2021年)アサヒビールが発売したジョッキ缶に似ているではないか。

アサヒスーパードライ生ジョッキ缶スクショ

 上に貼った「めぞん一刻」のキャプ画像は第15話のワンシーン。wikipediaで放送日を調べると1986年7月2日なので、今から35年前ということになる。
 ネット検索してみるとどうやらジョッキ缶のようなものは昭和の時代にもあったようだ(※1986年は昭和61年)。

 昔のアニメの何気ないワンシーンが今になって歴史資料になっているのはなかなか面白い。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回も旧ブログに書いていたネタのサルベージです。
 頭の体操などにありがちな天秤問題です。

【問題1(12個問題)】
 12個のオモリがある。そのうち1個だけ重さが違うそうだ。
 さて、天秤を3回だけ使って誤りの1個を特定するにはどうすれば良いだろうか?
 さらに、誤ったオモリは正しいものより重いのか軽いのかも当てよ


【問題2(13個問題)】
 今度は13個のオモリがある。これにも1個だけ重さが違うものが混じっている。
 今回も天秤を3回だけ使って誤りの1個を特定するにはどうすれば良いだろうか?
 ただし、今回は誤ったオモリが重いか軽いか当てなくとも良い。


 12個の場合は誤りの1個が重い軽いまで完全に求められますが、13個の場合は完全には無理なのでそこまでは求めません。
 オモリはコインとか金貨とか玉とかと色々のバリエーションがありますが、どれでも同じです。

 以下は、自分が見つけたやり方です。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 旧ブログに以前ちょこっと書いていたネタのサルベージです。

 『アシモフの雑学コレクション』(星新一編訳)にこんな雑学があります。

「37」という数は、それと1以外に約数を持たない。つまり素数。
しかし、次の数を割り切れる。
111、222、333、444、555、666、777、888、999。


 一瞬へーと思う雑学だが、実は大したことは言ってない。
 111を割り切れるということは、倍数である222、333、……も割り切れて当然だ。
 37という数字も素数である以外は特に意味のあるものではない。
 大したことでなくても書き方次第でへーと思わせるものなんだなと思ったりする。

 さて、この雑学はもう少し手を加えて改良できそうなのでやってみた。

「4649」という数は「ヨロシク」の語呂合わせができるだけではない。
1以外の約数を持たない数、つまり素数である。
そして次の数を割り切ることができる。
1111111、2222222、3333333、4444444、5555555、6666666、7777777、8888888、9999999。


 4649でヨロシクの語呂合わせをできるのは日本語ぐらいなので、日本限定の雑学かもしれません。
 ツイッターあたりを「4649 1111111」で検索してみると同様の雑学を披露している人が多いようです。

アシモフの雑学コレクション (新潮文庫)
アイザック アシモフ
新潮社
1986-07-29

このエントリーをはてなブックマークに追加

 新年あけましておめでとうございます。
 昨年はコミPo!の追加データを購入しましたが、全く使うこともなく新年になってしまいました。
 今年は追加データを使うことを目標にしたいと思います(今回の4コマ漫画では購入した追加データは使っておりません)。

【4コマ漫画】2021年


 牛といえばガンスターヒーローズの背景にいた牛を思い出します。
 牛ガンスターヒーローズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 大変珍しい連続素数日が訪れたので、さぼっていたブログを久々に更新です。

 日付をyyyymmdd形式の8桁の値とみなしたとき、その数が素数となるのを素数日と呼んでいますが、今日と明日は20201231と20210101となりそれぞれ素数となります。
 連続で素数日となるのは大変珍しいです。なにせddの部分は奇数と偶数(2の倍数)が続くことが多いからです。連続するためには31日と翌月1日のパターンとなります(あと、これは忘れやすいですが、うるう年で2月が29日あるときも連続素数日になる可能性があります)。
 さらにそれが年末年始の年またぎとなるともっと珍しくなります。

 そんな珍しい連続素数日ですが、何かあるわけでもなく「だから何?」と言われればそれまでです…。

 ちなみに次回の連続素数日は2028年の2月。
 今回同様の年末年始の連続素数日となると2029年の大みそかとなります(これは意外と早くに来る?)。

 連続する素数日については数年前のエントリーに書いているのでそちらを参照。
 20世紀と21世紀の素数日を再掲すると以下の通り。

 20世紀
 19130731, 19130801
 19210531, 19210601
 19240229, 19240301
 19250131, 19250201
 19301231, 19310101
 19500331, 19500401
 19721231, 19730101
 19781231, 19790101
 19790131, 19790201
 19830331, 19830401
 19871231, 19880101
 19900831, 19900901
 19971031, 19971101

 21世紀
 20020531, 20020601
 20170831, 20170901
 20180731, 20180801
 20201231, 20210101
 20280229, 20280301
 20291231, 20300101
 20361031, 20361101
 20640331, 20640401
 20680831, 20680901
 20750131, 20750201
 20800229, 20800301
 20800531, 20800601
 20811031, 20811101
 20930731, 20930801

 では、よいお年を。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ